10年間の話。

チャットモンチーのライブを見に行きました。
あ〜。色々な感情がやってきています。
本当にこのバンドが大好きだった。

10年前のチャットモンチー初武道館公演の際にも、今日と同じように兄と見に行きました。
2008年の春の日。

記憶が薄れていく10年前のことを、僕は少し思い出しました。

当時は中3から高校1年にかけての春休み。
はしゃいでいた僕は、兄よりも先に武道館に着いて物販の列に並んでいました。
ひとりだったので後ろにいる複数人で話しているお兄さんお姉さんの話になんとなく耳が向きました。

どうやら後ろの列に並ぶ方々がチャットモンチーの同級生の方々だったようで、あのチャットが武道館ライブかぁーとか、グッズ何買う?なんて話をしていました。

ライブももちろんよかったんですが、記憶にしっかり残っているのは、その会話です。
徳島からきっとあの方々は遊びにきているんだなぁとグッと胸に響いたのでした。
周りに愛されるというのは本当にすごいことだ。
中3の僕には分からなかったけど、いまこの歳になって、改めて思います。

その会話が本当に嬉しそうで
誇らしそうだった。
そんなバンドいますか。

ギターを弾く姿や、当時スクールオブロックを聴いてカセットに録音したりしていた僕は、色濃く影響を受け、ほどなくしてコピーバンドをはじめます。

2GBのiPodに入れて、通学中聴いていたし、楽器なんてまだ全然やっていない頃。

確かなのは10年前のあのライブを生で見て、人前で演奏するのかっけーー!と憧れたことです。

バンドでチャットモンチーをコピーというのは、なかなか恵まれなかったけど、家でコードを弾いて、小声で弾き語りをしていたのが懐かしいです。

この10年、チャットモンチーはこんなにすごいのに僕は今なにしてんだろうな〜なんて思って、ライブ中に一瞬暗くなったんですが笑、思ってもいなかった楽しい方向で毎日過ごしているのにも気づきました。

中3の僕に「10年後、お前CDを作ったり、レコードを出したりしてるぞ」と言っても、簡単には信じないと思います。
頼まれてもいないのに勝手に曲作るって、冷静に考えると意味がわからないのですが。
でも、自分にとってはものすごく大事なことだと思います。

小学校や中高の同級生に会っても、こんなに長く音楽やるなんて思ってなかったよと必ず言われます。

歌詞をノートに書き写ししたのも、チャットモンチーが最初でした。

チャットモンチーの曲は、出てくるギターのコードひとつずつは、それほど難しくないのに、ポップで歌詞が素敵で、いまの自分にとっても理想の曲ばかりです。

歌詞を書いてみようかなと思ったのも、いまに繋がっています。

今日 ライブを見ながら、あの場にいたそれぞれの人々の中にチャットモンチーの思い出があるのだなと胸がいっぱいになってしまいました。

音楽、めちゃめちゃ夢あるね。
すごいな。すごく楽しい。

聴きたい曲も多くて、正直あと20曲ぐらいやってほしかったけれど、挑戦的で、繊細な2人編成のライブ、アイコンタクトをとるチャットモンチーに感動しました。

明日から、またはじまります。
すぐには変わらない毎日です。

10年前も、中3の僕は確かアメブロをやっていたので、見た感想を熱い気持ちのまま載せたけれど、またこうしてブログに書いています。

区切りとして、このタイミングでライブを見ることができたのは本当に良かった。

次の10年はどんな内容なんだろうか。
最近は、人生について考えることが多いので、僕は10年のことを考えます。

音楽やるの夢があるなぁと今日思えたのはすごくよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です