2019年お世話になりました。

こんにちは。
シンガーソングライターのマーライオンです。

ブログの更新もお久しぶりになりました。
みなさまお元気ですか。

2019年、ありがとうございました。

この1年、自主企画に曽我部恵一さんやGOMES THE HITMAN山田稔明さん、東郷清丸さん、kauai hirotomoくん、Chiriziris、マセキ芸能社所属ガクヅケ木田くん、グレープカンパニー所属フランスピアノなかがわくんなどの方々に出演していただきました。
すみだオモシロ文化祭、NEWTOWNに、香川高松、京都大阪への遠征、沢山の方々とライブ共演させていただきました。
毎月、OCHA∞MEとDreamcastと一緒にp/am(パム)も開催できました。

特に今年は、去年までと違ってシンガポール×東京の遠距離ロックバンドChirizirisのプロデュース&ギターとして制作に参加し、僕のレーベルNIYANIYA RECORDSから初めて自分以外のミュージシャンを発売しました。
他にはスカート澤部渡さんのアルバムにコーラス参加させてもらったり、川本真琴さんのライブ伴奏など、自分が思ってもみなかった体験ができた一年でした。

ミュージックマガジンにてライブレポート2本書かせていただき、文章で初めてお金をもらって商業誌デビューもしました。

僕はミュージシャンと並行しながらSUZURIというWebサービスに参加しています。在籍してからこちらも今月で1年間が経ちました。

SUZURIの仕事ではyoutuberフワちゃん、夢眠ねむさんのたぬきゅんショップ(おめでたいです!!ご結婚おめでとうございます!!!)、日常に生きるあの子 夏の100TEE企画、小山ゆうじろうさん、本秀康さん、watabokuさん、三好愛さん、石山蓮華さん×クリハラタカシさんのコラボグッズ、ILLUSTRATION2020、みんなのかが屋グッズなどに関わらせていただきました。
憧れのイラストレーターさんや漫画家さんたちにも沢山会えました。
とても励みになったのがお会いする方々が皆誠実な人ばかりで、本当に仕事が楽しかった1年でした。
誠実に仕事しつづける、誠実に音楽を続けていくという言葉通りに進めるのは、本当に大変です。
その姿勢を実践しつづける作家さんに沢山会えました。

毎日の仕事、ライブ、頭の中には作詞作曲のこと、会社にいるときは作家さんのことなど。自分なりに頭をフル回転させていました。

時に自分が関わったTシャツやグッズを身につけた方々を街中で見かけることもあり、胸いっぱいになることもありました。

音楽をやり続けるのがライフワークだと10代後半に気づき、どうにかして音楽を続けながら生活する術を模索していました。
1年ほどフリーのミュージシャンになったりしましたが、いまは改めて兼業しているミュージシャンです。

20代前半はパワハラが横行する会社に3年ほど在籍していたこともあり、周りの理解があるからこそ音楽が続けていられると実感しています。

近況を書くと、ここ4ヶ月は曲を作りながら、所属する事務所を探しています。土日や平日の夜にたくさんの担当の方々にお会いしております。
僕は今こそ誠実に音楽を作ったり、ライブができる環境を望んでいます。
歌やギターの技術を高めてもっともっもっと楽しいことをして、周りのメンバーやチラシや撮影などで手伝ってくれる友人たちと一緒に楽しくしていきたいのです。

そんなこんなで音楽やりながら毎日渋谷で働いているのですが
渋谷のおすすめランチを書きたいと思います。
よっしゃあ!食うぞ!という気持ちで、僕はいつもランチに繰り出します!

僕はいつもお腹が空いているので量が多い!を基準に書きます。

青森料理わとな
十和田バラ焼き・貝焼き味噌…郷土料理に舌鼓

東亜飯店(2019年末閉店)
唐揚げがとにかく美味しかった

なかよし

恵比寿 土鍋炊ごはん なかよし 本店 | 株式会社四季の台所

僕の好物は、基本的に定食屋さんなんですが
こちらの3つは個人的に不動の3つ。

わとなは、なんか広くて4人とかでも行けるのが最高です!
なかよしは、もう名前が最高だね!
なかよしでいさせてください。

東亜飯店の唐揚げ、大きいから好きだったんですよね。また食べたいです。

0:00過ぎて、僕の新しい新曲「スロウムード(BAND ver.)」も発表になりました。
僕からのクリスマスプレゼントだと思って、ぜひ聴いてみてください。

spotify

apple music

良いお年を。

調子が良いという話。

ブログを書いている。
今月は体を休ませるのと、新曲制作期間ということで時間をとったにもかかわらず
ありがたいことにマーライオンに関連するメールが多く、毎日返信しきれない。だからこんな時間に頭をリセットさせるためにブログを書いている。
人様からのオファーメールやちょっとした連絡など、メールの返信をしないままインターネットで遊ぶのはどうなんだろうって思うので
そんな時は更新をしない。
だんまりしている。していたが、なにぶん最近は告知が多いので(自分がやりたいことだけとはいえ)、嬉しい反面、つめこみすぎた〜、あちゃ〜となっている。
一時期、お誘いなどの本当にメールがなかった時期があって、その辛さみたいなのを知っていると、今の状況には感謝しかありません。気にかけてくださる皆様ありがとうございます。

体力が100あったら0にするまで1日を過ごす癖があるよ、と
好きな人から指摘をしてもらって、そのとき気づいた。周りの人はそういう風にしないらしい
なんてアホなことばかりやってるのだろうか。
でも本気です。本気でゲラゲラ笑って暮らしたいのです。

働いて眠ったり、生活のあれこれや、音楽作ってライブをしたりしていると
学生の時とは違って、制作時間は格段にない。
頭の中でメロディー、ギターのグリップを想像し、ギターコードを想像し、最近は電車に乗っている間に浮かんだものを朝と夜に試している。

ブログを書いている。こんな立派なサイトを作ってくれているのにもったいないなあと、
今年こそは今年こそは、なんて思って去年はほとんど更新できなかった。
去年は最悪だった。今年は応援してくれるひとが増えたので、頑張りたいのだ。
3,4月はライブも多く、ほとんど終電で帰っていたのだけれど、
たまたま電車に乗ったら知人が立っていた。
出会って早々に「マーライオンが売れる世の中だったら楽しいよな〜」みたいなことを言ってくれて、さらりと口にした言葉だったけどとにかく嬉しかった。

今年はソロアルバム、バンドアルバム、HumHumSandwichのアルバム、プロデュースしているChirizirisを作ると決めているので
慌ただしい。頭が音楽のことでいっぱいだ。
リハビリも兼ねて、短い文章でもいいので更新することにします。

思っていることを吐き出せなくて
思っていることを忘れるなんてことは、もうやめにしよう。

最近は、顔がぱっとみて気持ちのいい人ばかりとお会いする。
大人になってよかったと思う瞬間だ。
最低限の選ぶ努力、離れる努力
居場所は自分で作れるぞと。

今週はお知らせも多いです。
Podcastをはじめました。
15分ほどのゆるい番組ですが、ぜひシェアしてもらえたら嬉しいです。
iTunesspotifyで聴くことができて
毎週火曜日更新にいたします!

ライブお休みの5月なので、ライブ映像も更新しています。
編集は自分でやっていて、載せていなかったものをこれから金曜日と日曜日に更新しようと思っています。
YouTubeチャンネル

SUZURI PEOPLEというサイトにはデモ音源をひたすら聴けるようにしています。
こちら
月額500円で全記事読めるようにしています。
いわゆるファンクラブ的なサイトです。もしよろしければ。

僕の周りのミュージシャンや、イラスト、写真家さんなど 本当に素晴らしい人たちばかりで誇らしいのと嬉しさで胸いっぱいになります。
いただいたお金は周りの方々や自分へのギャラに回します。
必要最低限で大丈夫なので、もっとお金が回ったら僕は曲作ることだけに専念できるし、周りのスタッフも消耗しないで生活できます。

よろしければ宜しくお願いします。

今週はお知らせが沢山あると思います。お楽しみにしていただけたら。
楽しみだな〜。

ワンマンライブについて

ワンマンライブをやることにした。
決めたのは、曽我部恵一さんと共同企画を開催する直前。今年1月頭の頃だ。

カフェアリエの店主 向野さんに連絡をとって、お店を予約した。

その後、2月中旬になって向野さんからお店を閉めなきゃいけなくなったことをtwitterのDMで教えてもらった。
理由は老朽化が原因だそうだ。僕はとても残念だったが、「マーライオンくんのライブを最期にすることにしました」とメールに書いてあって、その気持ちが嬉しくて泣きそうになってしまった。

店主の向野さんは高校生のときからお世話になっている人です。

お会いした当時僕は高校3年生で、向野さんはカワサキティーンズプロジェクトというイベントを主催し、10代のミュージシャン数人ととプロのミュージシャンを引き合わせるという最高に素敵なイベントを約10年間続けていた。過去には、星野源さん、イースタンユースの吉野さん、曽我部さんやエンケンさんなど、沢山のゲストがいました。

僕が出演したのは2010年の夏の回。
たまの知久寿焼さんがゲストの回に出演した。
向野さんにお会いしたのは、その時だった。

当時、音楽をやるというのが異常に厳しい家庭だったため、川崎市長の判子を押していただき表彰状を作ってくださった上で出演オファーを送ってくれました。ご家族にはこれを見せて、納得してもらってくださいと言ってくれて、当時受験勉強で、家から出られなかった僕は許しを得てライブをしました。

優しすぎる対応で一生頭があがりません。
後になって、ゲラゲラ笑ってその時のことを話してくれて、それもすごく嬉しかったです。

カワサキティーンズプロジェクトのおかげで
友達が増えました。
しずくだうみさんと金子麻友美さんと メガネズレテルズというバンドをやるきっかけにもなったし、金子さんにいたっては僕のアルバムに2枚も参加してくれました。

2009年3月25日から始まりましたマーライオンという音楽活動も、ぴったり丸10年になります。
沢山人と出会って、もう一生会いたくない!笑 みたいな人もいれば、すぐ仲良くなったり、じわじわ仲良くなったり、話したいなと思ってモジモジしたままの人もいたり
沢山の方々がいました。

10年にふさわしいイベントになったらいいなぁと思っています。

カフェアリエには、沢山の思い出があって、友達や好きなひととお茶したり、イベントをやらせてもらったりしました。

ありがたいことにワンマンライブはSOLDOUTになりましたが、どうしてももっと多くの方に見にきていただきたいので、当日券を出すことにしました。
極楽とんぼのあたりまえじゃねえからなという言葉が、なぜか今朝方の夢に出てきて、より引き締まっています。

新宿歌舞伎町と新大久保のあいだにある、あの静かで落ち着く喫茶店が今日なくなるのは、とても寂しいけれど、今日しかできない演奏ができたらいいなと思っています。

向野さんのインタビュー

向野さん、長い間本当にお疲れ様でした!