2021年7月24日

昼、東京芸術劇場シアターイーストにて

芸劇eyes番外編『もしもし、こちら弱いい派─かそけき声を聴くために─』ウンゲツィーファ『Uber Boyz』を観劇。

友人の金子鈴幸(コンプソンズ)と金内健樹(盛夏火)と黒澤多生が出演しているので見に行った。

会場は超満員。

短編作品を3団体が上演するという企画趣旨を理解しておらず、開演して金内健樹さんや金子鈴幸が出てこなくて本当に焦った。別のイベントのチケットを予約してしまったのかと思ってしまった。そう思った自分があほだ。。。

蓋を開けると、最初は別団体の劇作品だった。

初めて見る劇団の作品だったけど、これが面白かった。たぶん同世代から年下の方々が活躍していて、すごい。

Uber Boyz』はいわずもがな最高だった。

参加するさまざまな劇団の主宰たちによって、それぞれの劇団の良いところが散りばめられていて、出演者みんなで演出をしたというのも納得の作品だった。

終演後、いとうせいこうさんと徳永京子さんがアフタートークで出てきた。

いとうせいこうさんが今年スランプに陥っていること、ポケットに安定剤を入れているという話に驚いた。

お子さんが小さいようで、すぐ泣いたりとお世話をするので、短歌?俳句?を作るようになったという話がすごく面白かった。

短いものを上演できる劇場版なかなかないらしいというのも、演劇ファンとしては確かにそうだよなと相槌を打った。他にも面白い話をしていた。

終演後、すぐに芸劇を出る。

地下でお祭り?のような催し物が開催されていた。ああいう和太鼓の音が聞けて、コロナであまり感じられない夏を想いました。

花火大会とか行きたいよね!

池袋の楽器屋で明日のライブに必要な予備の弦を購入して帰宅。

夜、好きな人と30分ほど散歩。穏やかな時間だった。

帰宅してからグラタンと味噌汁とガパオライスのガパオを作る。

なぜこんなに作るのかというと、今週はワクチン接種があるからです。

作り置きをしておいて、何事もなく過ごせるように対処して就寝。

レコーディング日誌

ライブ前なのでリハや、歌のストレッチを入念にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です